ブログ(森の木広場)|長与町で歯科・歯医者をお探しの方は森の木歯科・口腔外科クリニックまで

  • 電話
  • メニュー
当院の特徴
  • 光機能化インプラント
  • 予防歯科の重要性
  • 矯正治療
  • キッズスペース
  • 送迎バス
  • ブログ
  • 求人情報

ブログ

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • その虫歯削りますか??

    2020年1月13日

    あけましておめでとうございます。気が付けばブログ更新は4ヶ月程滞り、情報発信を怠けてしまっている院長の山本です。

    今年こそはなんとかIT部門を強化しようと日々スタッフと苦悩しております(汗)

    さて、令和2年初めての投稿も予防に関してです。

    昨今、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた最小限の切削での治療を投稿されている歯科医院もチラホラみかけます。すばらしい技術ですね。当院でもマイクロスコープを使った治療を積極的に行っていますので、技術の高さは目を見張るものがあると思っております。

    しかし、その虫歯、本当に削る必要があったのでしょうか??

    『え?? 虫歯って削らなくていいの??』

    『虫歯って小さいうちに削るのがいいんじゃないの?? 早期発見、早期治療でしょ??』

    『予防って虫歯ができる前にするから、虫歯ができちゃったら、削らないと虫歯が大きくなるでしょ??』

    このように考えた方、、、、

    まだ真の予防に触れていない方です。

    実際のお写真を提示します。

    下記の写真は20代女性の口腔内写真です。

    2013年、初診時の写真です。

    0000001318_今村 奈緒_Camera_20160317182445

    すこしみにくいですが、右上の6番目の歯と右上の1番目の歯に虫歯があります。

    このようなう蝕はとても見つけやすいんですね。表面から黒くなった部分が透けて見えます。

    X線写真でもう蝕が認められます。僕ら歯科医師の目からは明らかです。

    0000001318_今村 奈緒_IntraOral_201609061802320000001318_今村 奈緒_IntraOral_20180531180452

    この見ただけで黒く見えるう蝕というのが曲者です。削りたくなりますよねー。

    僕も歯科医師になって4,5年くらいの頃に上の先生から

    『ほら、こんな感じでう蝕は透けて見えるんだ。だから無駄にレントゲンとらなくても削って詰めればいいんだよ』と教えられていました。

    しかし、違うんですね。黒くなっているという事は『虫歯の進行が遅くなっている』という事です。むしろ削らずに経過観察ができる虫歯である可能性が高いという事です。

     

    さて、現在の口腔内写真です。2019年11月に撮影しました。

    0000001318_今村 奈緒_Camera_20191112185135 0000001318_今村 奈緒_Camera_20191112185222

    少し色が濃くなってますかね?? 先ほども言いましたが色が濃いから削る!!という事にはなりません。続いてX線写真です。

    0000001318_今村 奈緒_IntraOral_201911281832150000001318_今村 奈緒_IntraOral_20191128182731

    現在初診から6年以上経過しておりますが、ひどく進行している所見はありません。このまま経過観察を十分していけると考えております。

     

    いかがでしょうか。虫歯ができてからでも決して手遅れではない事、わかっていただけたでしょうか。

    きれいなセラミックの被せものや、天然歯を模写した詰め物と比べると、ものすごい地味な投稿ですが、僕はこのような症例を実践、投稿できるように管理してくれている当院のスタッフがとても誇らしいです。

    もちろん、最近の治療技術の向上は目を見張るものがあります。すばらしい技術で治療すれば6年以上平気でもつ詰め物やかぶせものをあるでしょう。

    しかし一生持つものではありません。必ず劣化し、脱離、破折する時期が来ます。

    だから予防し、人工物を入れる時期をできるだけ遅らせる事が重要なのです。

    もちろん、ただ経過観察を行うだけでは、虫歯は進行してしまいます。

    きちんとリスク評価を行い、予防に対する『適切な』指導を行い、う蝕のメカニズムを理解してもらった上で、初めて削らない選択肢ができるわけです。

    この方も最初は3ヶ月一度のメインテナンスでしたが、現在は半年に一度のメインテナンスとなっております。きちんとしたセルフケア、食生活が定着しているため、このような事が可能なわけです。

    『いいじゃん、いいじゃん、削って詰めても。なんかすっきりするし、結構ちゃんともつし』

    こんな考えが蔓延しているのが今の日本の歯科医療の現状です。

     

    削らない事に誇りを感じる。本当の患者利益を追求する。

    長くなりましたが、今年もこのような理念の元、全力診療を行っていきますので、森の木歯科をよろしくお願い致します。

    真の予防医療を体験したい方はぜひご連絡ください(#^^#)