インプラント|長与町で歯科・歯医者をお探しの方は森の木歯科・口腔外科クリニックまで

  • 電話
  • メニュー
当院の特徴
  • 光機能化インプラント
  • 予防歯科の重要性
  • 矯正治療
  • キッズスペース
  • 送迎バス
  • ブログ
  • 求人情報

インプラントとはどんな治療?

イメージ画像

インプラント治療とは、歯の失われた部分の顎の骨に人工的な歯の根っこを埋め込み、その上にセラミックなどで作られた人工の歯を被せる治療方法です。
日常生活における違和感や痛みに悩まされることがないので、自分の歯と同じような感覚で、食事や会話を楽しむことができます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット
天然歯と同じように、しっかりと噛める
見た目が良い
周りの歯に負担をかけない
入れ歯やブリッジのような違和感がない
インプラントのデメリット
手術が必要
保険がきかず、費用が高額
治療期間が長い

他の治療法との違い

  • ブリッジの場合
    イメージ画像

    抜けた部分の左右の歯に掛けるブリッジは、健康な歯を削る必要がありますし、ブリッジと歯の間の衛生面や、噛み心地など問題があります。

  • 入れ歯の場合
    イメージ画像

    入れ歯の場合もブリッジと同様に、左右の歯が傷つくなど負担が掛かりますし、噛み心地や審美(見た目)的な面も多くの問題があります。

  • インプラントなら
    イメージ画像

    インプラントであれば、健康な歯に負担をかけません。異物感もなく、ご自分の歯のように物を噛むことができます。見た目にも、自然で綺麗な歯並びを実現できます。

こんな人におすすめ

健康な歯を削りたくない

  • イメージ画像
    ブリッジ治療では、抜け落ちた歯の左右両隣の健康な歯を削ることで、土台としてブリッジ治療を行います。
  • イメージ画像
    左右両隣の健康な歯を傷つけずに、歯を固定する土台を埋め込みます。
    これにより、見た目にも自然で美しく、健康な歯へ負担をかけない治療ができます。

なんだか入れ歯がしっくりこない

  • イメージ画像
    部分入れ歯では左右の歯に金属のバネを掛けるので、そのこと自体が違和感になります。
  • イメージ画像
    歯が抜け落ちた部分へ、人工歯根であるインプラントを埋め込みます。
    金具が左右の歯へ影響することなく、違和感なく自分の歯のように噛むことができます。

入れ歯が動く

  • イメージ画像
    入れ歯が動いてしまうと、咀嚼(そしゃく)が難しくなり、適切な栄養摂取ができないばかりか、発音や、発声などコミュニケーションに不便を感じることがあります。
  • イメージ画像
    入れ歯をしっかりと固定し、グラつきや、動くことがなくなります。
    複数本のインプラント(人工歯根)を埋め込みますので、引っ掛けるだけの入れ歯よりも、しっかりと歯を固定する事ができ、よく噛む事ができ、便利です。

インプラント治療の流れ

    イメージ画像
  1. 1診断・治療計画の作成

    イメージ画像

    歯の状態を丁寧にカウンセリングします。
    患者様によって、失ってしまわれた歯の数、インプラントの土台となる骨の硬度、治療する歯の位置や、その大きさにより、最適な治療方法を選ばせていただきます。
    レントゲンで写真を撮影し、インプラントの治療計画を立てていきます。

  2. イメージ画像
    イメージ画像
  3. 2インプラント治療の前処置

    イメージ画像

    インプラントを埋め込む前に、インプラント治療をする歯以外の虫歯・歯周病を治していきます。
    また、インプラントを適切に骨に埋め込めるように、骨充填剤などを用いて骨を増やす処置、骨造成(こつぞうせい)を行うケースもあります。

  4. イメージ画像
    イメージ画像
  5. 3一次手術

    イメージ画像

    治療部分の歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開け、インプラントを埋めます。

  6. イメージ画像
    イメージ画像
  7. 4安定期間

    イメージ画像

    一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます(オッセオインテグレーション)。安定期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差がありますが、約3ヶ月~6ヶ月です。この間は仮の義歯を使用することもできます。
    「光機能化技術」を行う事により、この期間を短縮することが可能です。
    詳しくはこちら

  8. イメージ画像
    イメージ画像
  9. 5二次手術

    イメージ画像

    顎の骨に一体化したインプラントの頭部を切開により、露出させます。
    人工の歯を取り付けるための、土台(アバットメント)を取り付ける処置をします。
    切開した歯ぐきの状態が、通常の状態に戻るまで約6週間ほどの時間を要します。
    ここまでで、外科処置は終了となります。

  10. イメージ画像
    イメージ画像
  11. 6人工歯の成形・装着

    イメージ画像

    切開した歯ぐきが健全な状態に戻った際に、口の中と歯の型を取ります。
    歯並びやその形状、歯の色をチェックしていきながら、インプラントを覆うセラミックでできた被せ物を作ります。
    セラミックの人工歯が完成したら、インプラントへ装着し、治療は終了となります。

  12. イメージ画像
    イメージ画像
  13. 7インプラント治療後のメンテナンス

    イメージ画像

    インプラント治療が終わりましたら、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年経過後と、定期的な検査を行います。
    ※検査の間隔は、お口の中の状態などで変動します。
    インプラントの生存率は、10年で 90~95%といわれています。しっかりとメンテナンスを行い、長持ちさせましょう。

骨の量に問題がある場合

  • サイナスリフト
    イメージ画像

    上顎の奥の骨が極度に薄い時に、お口の中から骨の向こう側の空洞に窓を開け、そこに人工骨を流し込んで骨の厚みを増やす方法です。

  • 骨移植
    イメージ画像

    骨の少ない部分に、お口の中の別の部分から骨を切り取って移植する方法です。手術時には、患者様の血液由来の抽出成分を使用して、骨の造成を促します。

  • GBR
    イメージ画像

    インプラントであれば、健康な歯に負担をかけません。異物感もなく、ご自分の歯のように物を噛むことができます。見た目にも、自然で綺麗な歯並びを実現できます。

  • スプレットレスト
    イメージ画像

    骨の幅が薄い場合に、隙間を開きながらインプラントを埋め込む方法です。骨移植などと比較すると、他の部位から骨採取などの必要がないため、比較的侵襲の少ない方法です。

  • ショートインプラント
    イメージ画像

    骨が薄い箇所には、短いインプラントを埋入します。短いと強度が心配かもしれませんが、インプラントと骨がしっかりと結合すれば、安定性に問題はありません。

  • 傾斜埋入
    イメージ画像

    垂直にインプラントを入れるためには骨の厚みが足りない場合、斜めに埋め込む方法です。斜めのままでは歯が入らないので、インプラントと人工歯の間の土台で角度を調整します。

ピエゾサージェリー(超音波切削器具)

イメージ画像

当院ではインプラント手術後の際にはピエゾサージェリーを併用しております。ピエゾサージェリーには下記の利点があります。
・回転切削器具より骨の損傷を少なくできる
・回転切削器具と比較し、患者様に与える振動が少ない
・周囲軟組織を損傷する可能性が低い(神経や血管、上顎洞粘膜など)
特に骨移植や上顎洞粘膜拳上術(サイナスリフト、ソケットリフト)などの高難度の手術の際に威力を発揮します。

より安心・安全なインプラント治療をお探しの方へ

光機能化インプラント

インプラント治療はチタンと骨が結合することが発見されて以来、材料にはチタンが用いられるようになり飛躍的な進歩を遂げ、1990年にはインプラントの表面加工に様々な製法が取り入れられ、骨との接触率や骨結合までの期間は大幅に短縮されました。
しかし、インプラントと骨の接触率は50~60%までが限界でした。
では、なぜインプラントの接触率は100%にできないのでしょうか?
2009年にその原因がUCLA(カリフォルニア大学ロサンジェルス校)の小川隆広教授の研究チームより発表されました。
その研究では、インプラントのチタン表面は、加工してすぐの状態では非常に高い骨結合能力を有しているが、その能力は時間経過に伴って減少することを発見しました。
では、インプラントを加工直後に使用することは可能なのでしょうか?
インプラントは製造されてから3日以内には、比較的高い骨結合能力を維持していることが分かっていますが、製造後3日のうちに歯科医院にインプラントが届くことはまず不可能です。最短で3ヶ月以上の時間が経過していることが分かっており、それによりチタン表面が老化し、能力が低下していると推測されます。
この現象の回復方法として開発されたのが、「光機能化技術」です。
光機能化技術とは、紫外線領域内の特殊な光でインプラント表面を処理する技術です。
光機能化により、インプラント表面は、チタン劣化から回復し3つの効果が付与されます。

1つめの効果

イメージ画像
インプラント表面の血液に対する親和性が著しく向上し、 骨との結合がより強固になります。

*骨との結合が強固になるのは、血液中には骨が成長するために必要な因子が多量に含まれているためです。

2つめの効果

イメージ画像
インプラント周囲に形成される骨の量が増大し、骨形成のスピードが速まる。

写真は一定時間内にインプラント表面に接着した骨芽細胞(骨を作る細胞)です。 左は通常のインプラント上、右は光機能化後のインプラント上の骨芽細胞の接着状態です。

結果、光機能化チタン表面上では、インプラント周囲に形成される骨の量が増大し、また骨形成のスピードも速まります。

3つめの効果

イメージ画像
骨とインプラントの接触率が55%から98%に達する。

光機能化チタン表面での骨インプラント接触率は、98.2%に達し、ほぼ100%の完全な状態と考えられます。この完全に近似した骨形成の現象が、スーパーオッセオインテグレーションと呼ばれる新しい現象であり、数々の有名科学誌、ならびにチタン教科書に定義されました。

この効果により患者様には以下のメリットがあります。

  • 骨とインプラントの結合が早期に起こるため、治療期間を短縮できる。
  • 骨とインプラントがより強固に結合し、長期安定性が望める。
  • 結合が強固なため、より短いインプラントが使用する事ができ、不必要な骨移植などの外科処置を回避できる。

長崎県内で光機能化技術を導入している病院は当院を含め3件のみです(2016年1月現在)

その他の病院を知りたい方は以下のページをご参照下さい。
光機能化技術導入医院

さらに光機能化の事を詳しくお知りになりたい方はこちらのホームページをご覧ください。
http://www.hikarikinou.org/